辻タダオの西湘だより

9月 18日(日) 「伊達競曲輪鞘當/三社祭」
9月 17日(土) 「女車引」「銘作左小刀 京人形」
9月 16日(金) 「身替座禅」
9月 11日(日) 「高坏(たかつき)」「宮島のだんまり」
8月 26日(金) 使い方。
8月 12日(金) 二個前より以前の投稿は全部
8月 11日(木) 唐突に復活。
2022年 9月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-


 
 2022年9月18日(日)
  「伊達競曲輪鞘當/三社祭」
衛星劇場録画視聴 
 
伊達競曲輪鞘當/三社祭 
 
伊達競曲輪鞘當(ダテクラベクルワノサヤアテ) 
 
配役 
不破伴左衛門 = 中村歌昇(4代目) 
名古屋山三 = 中村隼人(初代) 
茶屋廻り鶴吉 = 市川喜猿 
茶屋廻り吉蔵 = 中村蝶八郎(初代) 
茶屋女房お新 = 坂東新悟(初代) 
 
三社祭(サンジャマツリ) 
 
配役 
悪玉 = 市川染五郎(8代目) 
善玉 = 市川團子(5代目) 
後見 = 松本幸蔵(2代目) 
後見 = 市川猿紫(初代) 
 
歌舞伎座 2021年令和3年08月  
八月花形歌舞伎  
 
  


 
 2022年9月17日(土)
  「女車引」「銘作左小刀 京人形」
衛星劇場録画視聴 
 
女車引 
 
中村魁春 
中村児太郎 
中村雀右衛門 
 
2019年/令和元年6月・歌舞伎座 
 
くるまびき【車引】[浄瑠璃] 
浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」の三段目の口くちの通称。梅王丸・桜丸が時平しへいの車をとどめようと松王丸と争う場面。 
 
出典 小学館デジタル大辞泉 
 
筋書の解説 
 
女車引の本名題は「五諸車曳哉袖褄(ごしょぐるま ひくや そでつま)とて 
珍しくも吉原の俄の踊が、今に伝って残ったもの。お馴染みの「菅原」の 
車曳を、千代、春、八重の三人の女で見せようというのが趣向です。 
衣装も車曳に似たもので、初めその当込みがあり、次に「賀の祝」の料理 
の仕度をちょっと見せる。それからクドキになって「神田川」の「常から 
主を…」をそのまま使って、後が豆太鼓を使って鹿島踊、二上りで総踊と 
なって終る。吉原の踊だけにすべてが陽気づくめであり、曲は初めから踊地 
に出来ている為でしょう。嘉永から安政の間に出来たものだろうといわれ、 
歌詞は三世桜田治助、作曲は清元千歳(※後年の筋書では千蔵と書かれていた) 
と称され、残された唯一の俄の踊が特色で、趣向は文化十二年の顔見世浄瑠璃 
「車曳和絵姿」から借りたもの。
 
 
出典 木挽町日録 (歌舞伎座の筋書より) 
 
歌詞(「純邦楽詞章集」より) 
 
銘作左小刀 京人形 
 
配役 
彫物師左甚五郎 = 松本白鸚(2代目) 
京人形の精 = 市川染五郎(8代目) 
奴照平 = 大谷廣太郎(3代目) 
娘おみつ実は義昭妹井筒姫 = 中村玉太郎(5代目) 
大工 = 市川段一郎 
大工 = 市川郁治郎 
大工 = 市川喜楽 
大工 = 市川瀧昇 
大工 = 市川翔乃亮 
大工 = 市川笑猿 
大工 = 松本幸次郎 
大工 = 市川卯瀧 
栗山家来 = 中村東志也 
栗山家来 = 片岡燕治郎 
栗山大蔵 = 松本錦吾(3代目) 
女房おとく = 市川高麗蔵(11代目) 
 
歌舞伎座 2021年令和3年06月 
六月大歌舞伎 
 
京人形(歌舞伎舞踊劇) 
きょうにんぎょう 
 
歌舞伎(かぶき)舞踊劇。常磐津(ときわず)。本名題(ほんなだい)『箱入(はこいり)あやめ木偶(にんぎょう)』。3世桜田治助(じすけ)作。5世岸沢式佐(しきさ)作曲。西川巳之助・西川芳五郎振付け。1843年(天保14)5月、江戸・市村座で4世中村歌右衛門(うたえもん)の甚五郎(じんごろう)、12世市村羽左衛門(うざえもん)の京人形の精により初演。伝説的な名匠左(ひだり)甚五郎の事績の舞踊化で、のち河竹黙阿弥(もくあみ)が『拙腕左彫物(およばぬうでひだりのほりもの)』として補訂、近年は『銘作左小刀(めいさくひだりこがたな)』の名題で多く上演される。五条の廓(くるわ)の小車太夫(おぐるまだゆう)に思いを寄せた甚五郎が、その姿を人形に彫ったところ、魂が入って踊り出す。甚五郎のまねをして男のような動作で踊る京人形が、懐(ふところ)に鏡を入れてやると女らしくなってクドキになるという、男女の使い分けが見どころ。終盤は甚五郎の大工たちを相手の立回りで、いろいろな大工道具を使った所作ダテが楽しめる。 
 
[松井俊諭] 
 
出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
  


 
 2022年9月16日(金)
  「身替座禅」
衛星劇場録画視聴 
 
片岡仁左衛門 
中村錦之助 
中村隼人 
坂東巳之助 
市川段四郎 
 
2008年/平成20年6月・歌舞伎座 
 
 
身替座禅 
みがわりざぜん 
 
歌舞伎舞踊曲。常磐津,長唄の掛合。新古演劇十種の一つ。 1910年東京市村座,6世尾上菊五郎,7世坂東三津五郎初演。岡村柿紅作,7世岸沢式佐,5世杵屋巳太郎作曲。狂言の秘曲『花子』に基づく松羽目物。二上り。太郎冠者に身替りの座禅をさせて,愛人の花子に会いに行った山陰右京は,事を知り堂の中で衾 (ふすま。夜着) をかぶって待つ奥方玉の井のもとへ,うかうかと戻ってきて追いかけられる。古今東西に通じる浮気をテーマに,現在も上演頻度は高く,海外公演の演目となることも多い。 
 
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 
 
あらすじ  


 
 2022年9月11日(日)
  「高坏(たかつき)」「宮島のだんまり」
衛星劇場録画視聴 
 
高坏(たかつき) 
 
中村勘太郎(現・勘九郎) 
中村亀鶴 
澤村宗之助 
片岡亀蔵 
 
2011年平成23年5月明治座 
 
歌舞伎舞踊。長唄。1933年9月6世尾上菊五郎,7世坂東三津五郎ほかにより東京劇場初演。作詞久松一声。作曲柏伊三郎。菊五郎が当時流行し始めたタップダンスに着想を得て,下駄ばきの拍子で踊る奇抜な作品を作った。狂言風の舞踊で,高杯を買うよう命じられた太郎冠者が騙されて足駄を買わされ,酔って高下駄でタップ風に踊る。しばらく絶えていたのを,17世中村勘三郎が復活上演し好評を得ている。【西形 節子】 
 
出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版 
 
あらすじ 
 
宮島のだんまり 
 
中村時蔵 
中村歌昇(現・又五郎) 
中村信二郎(現・錦之助) 
片岡孝太郎 
市川男寅(現・男女蔵) 
坂東彦三郎(現・楽善) 
市川左團次 
 
2001年平成13年11月 歌舞伎座 
 
 
歌舞伎・浄瑠璃の外題。 
初演文久2.閏8(江戸・守田座) 
 
出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典 
 
解説  


 
 2022年8月26日(金)
  使い方。
まあ当面は過去の事実の把握を中心に 
ってところであとはメモ代わりにかな。 
どこにも公開はしない感じで。  


 
 2022年8月12日(金)
  二個前より以前の投稿は全部
酒飲み時代の投稿だった。 
いまは断酒継続丸3年以上だ。 
 
で文章の書き方なんだが 
ほぼ全くと言っていいほど 
変わってない気がする。 
精査してはいないが。 
 
内容に関しては以前のものは 
「社内」の者も見ている 
ってのを意識してた風味が間違いなくある。 
のでやはりなんというか 
「きれいごと」に終始してる感じが 
なくもない。 
 
だがいま「社内」うんぬんが 
まったく無縁になったからといって 
なんでもかんでもあけすけに書くかといえば 
そんな気も特には起こらない。 
  


 
 2022年8月11日(木)
  唐突に復活。
まず「過去」を把握するために 
日記のアカウント復活したので 
では新規に何を書くのかとか 
どう使うのかとかは 
何も考えていない。  


>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | 検索 | | Home |


++ Powered By 21style ++