++現場日誌++

2018. 4. 21. Sat だいぶ前の写真になった。
2018. 4. 20. Fri 準備。
2018. 4. 19. Thu 雨が晴れて工事が終了。
2018. 4. 18. Wed 下請け工事編。
2018. 4. 17. Tue 昨日終了現場。
2018. 4. 16. Mon 似たようなコピー、一回目は斬新、二回目....
2018. 4. 15. Sun とりあえず、支持地盤までボイド基礎。
2018年 4月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

 

 
  2018. 4. 21. Sat
      だいぶ前の写真になった。
  
いつか、載せよう載せようと思って、もう数年経った写真。 
特別にとっておいたのは、自分の思い出があるからだ。 
 
郊外都市化した場所であり、平坦な場所ではないのだが、音響効果が抜群で、音を立てると、それが(こだま)し、音量が倍増する。 
 
大抵は、音が放散していくが、地形的に音がこもった。 
 
一回目の工事のとき、一斉に床を貼った時、クマゼミやヒグラシが一斉になき出すセミしぐれのようになって、 
音に敏感になってしまった。 
 
形状も複雑系で、相当深く考えて施工したわけで、思い出はつきない。 
 
そんな現場だった。 
 
  

 

 
  2018. 4. 20. Fri
      準備。
  
五月連休明けに、結構な大きさの現場が出てくるので、資材置き場にその分の材料が、かなりの量工場から来る。 
 
まず、第一弾で床板がきた。 
大体、輸入材のバンドル入りは、3㎥弱なのでその計算で行くと10㎥程になる。 
それ以外にも、材料があるので、資材置き場が狭くなりすぎるので、地元でいつも入れてもらう仲の良い(と思うが)ガソリン屋の若主人に、空いてる土地を貸してもらって、置く事にしている。 
 
日ごろの付き合いっていうのは、困った時助けてくれる。 
 
震災直後にも、ガソリン配給で他に入れないとこを20リッター入れてもらったり。 
 
こっちも、(浮気はしない)。 
 
塗料屋もそうだ。・・・こっちは、かなり細かい事まで教えてくれて、DIYの店頭で、数字付きの紙でただ交換!というより、プラスが大きい。 
 
一回ここで塗装して、現場でタッチアップするのだ。
  

 

 
  2018. 4. 19. Thu
      雨が晴れて工事が終了。
  
もう何十年前から工程というか、現場社員の工程を一か月位で、どこに入ってもらうか、何人位必要になるか? 
 
緻密に計画と言うより、予期はしているが微妙に変わっていくことが多いので余裕を持って日程を組む。 
 
やれる作業量は、決まっているので、無理はしないようにしている。 
 
詰めすぎて約束を違えるということは、絶対避けなければいけない。 
 
そう思いつつ、日程を作るのだが、朝の打ち合わせがどうしても必要不可欠になるわけだ。 
 
この現場も、いつもやらせていただいてる会社の、受け工事。 
 
あるお客さんのデッキ工事のときに、お客さんの信頼が厚い建築の業者さんを紹介頂き、それから仕事をやらせていただいている。
  

 

 
  2018. 4. 18. Wed
      下請け工事編。
  
いつも、素敵なデザインや思いもかけないデザインを考えてくる、長いおつきあいのデザイナーの工事。 
 
ここは、以前もカッコイイパーゴラも作らせていただいた。 
 
既存でデッキが有った事は、頭の隅に情景として残っていたが、 
今回はそのデッキの作り替えだ。 
 
この防草シートについて、自分自身の感覚では、単に雑草よけだけでなく、土からの水分のカット(カット率は研究されていない)が、有効であると思い始めている。 
 
耐久性を考える時、水分について考えるのは、非常に重要であるが、作り上げる時の、工程を一回バラバラに分解してみると常識線が出てくる。 
 
で、その有効性を観察するわけだ。
  


>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++