++現場日誌++

2019. 10. 17. Thu デジタル時代の喜劇
2019. 10. 15. Tue 台風の前に終わらせた現場。
2019. 10. 12. Sat 防草シートのレベル、構用
2019. 10. 11. Fri 色のメンテ
2019. 10. 09. Wed 1Fウッドデッキへの留意。
2019. 10. 08. Tue 今日一日天気もってくれ!
2019. 10. 07. Mon 根回しと言う言葉もあるが。
2019年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

 
  2019. 10. 17. Thu
      デジタル時代の喜劇
  
シンゴは、5時半過ぎに千葉へ、自分とM君は打合せで千葉へ七時出発。 
打合せ時間よろ大分はやくついたのだが、M君がシンゴの行ってる現場、こっから10分位ですね、という。 
 
えっ?。 
点と線が結び付かない。地図を読む時は、俯瞰してみるから、遠近感はわかるが、ナビにたよると、ピンポイントで、点。 
 
知って、シンゴのとこに行き、M君が何気なくお手伝い。 
 
ナビの落とし穴って有るんだな。
  

 

 
  2019. 10. 15. Tue
      台風の前に終わらせた現場。
  
年年、強力化して行く台風。傾向としてこれから風雨の威力が下がって行くということが、考えにくい。 
 
休み前、ほぼ全員で行った現場だ。雨量がまだ比較的少なくてよかった。
  

 

 
  2019. 10. 12. Sat
      防草シートのレベル、構用
  
現場の状況を調べて考えて行くうち、色んなことを考えるのは当たり前だが、 
一階デッキについて、よく考えるようになったのは、10数年だろう。 
 
床下の湿気、通風それに、少量ではあるが、水をとどめていたり、水蒸気を蒸散する植物の存在。 
 
これは、耐久性をひどく低下させないが、耐久性をあげない。 
 
なら、水の蒸散を防ぐために、と研究してきた。普通細部にわたって説明されることもないが。この敷き方に依る効果は、徐々に分かって来た。
  

 

 
  2019. 10. 11. Fri
      色のメンテ
  
5,6年経ったウッドデッキのメンテナンスであるが、耐久性云々はこの程度の経過年数では、考慮する事もないことは、分かっているが、 
 
色の脱色については、ウッドデッキの床は歩行で擦れてフェイドアウトするのが早い。 
 
フェンスも、進行が遅いとはいえ、4年付近で色落ちが顕著になってくる。 
 
ここで再塗装(顔料を再付着させるということになる)すると、次の塗装まで色落ち時間が長くなる。
  


>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++