++現場日誌++

2019. 8. 23. Fri 薄い白ステインでの塗装。
2019. 8. 22. Thu 昨日終了現場での途中段階。
2019. 8. 20. Tue 15年前のメンテ。
2019. 8. 18. Sun ”殺人的暑さ”とか表現するけれど。
2019. 8. 11. Sun 夏期休暇
2019. 8. 09. Fri お盆前の建て方。
2019. 8. 08. Thu 岩波新書の(木造建築を見直す・・坂本功....
2019年 8月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 

 
  2019. 8. 23. Fri
      薄い白ステインでの塗装。
  
”大気が不安定”っていつ頃からのはやり言葉だろうか? 
 
しかし、事実である。今日は好天だなあと思っていると、天気が急変してスコールが・・・・ 
 
始末に悪いのは、まだら模様に天気が変わって行くとこだ。 
 
天気予報の細分化も進むが、天気はさらにその上を行く。暑い時は多少涼しくなって、それはそれでいいが、 
 
塗装や、コ―キングの時は、動きが難しい。若干気温が下がって来たと思うが、まだまだ残暑は続く。 
 
気候変動は、まちがいなくある。
  

 

 
  2019. 8. 22. Thu
      昨日終了現場での途中段階。
  
ここは、階段の位置が、テーマだった。 
どう配置するか、それに対する構造は?から出発するのは当然だが。 
 
一方成り立つと一方が成り立たないというジレンマはm予習段階の施工図でわかる。 
 
両立できれば、そう設計したいが、実際は、絡みが多く、一個実現ということが大半になる。
  

 

 
  2019. 8. 20. Tue
      15年前のメンテ。
  
2004年浜名湖の花博行く前に工事をしたので、経過年数もピタッと、わかっている。 
 
特に、変化はないが、床も藻で汚れて来たので、メンテして欲しいとの依頼があった。 
 
メンテの方法は、もう相当前から色々研究してきた。それが生きてきたのでうれしい。 
 
特に変位はなかったけれど、ここで、後から耐久性を伸ばすやりかたなので、原理を知って、どう処置するか? 
 
ただ、きれいになりました・・・。では、意味がないというのが、僕らのだした結論だ。
  

 

 
  2019. 8. 18. Sun
      ”殺人的暑さ”とか表現するけれど。
  
夏期休暇を終え、昨日から工事再開。 
もう既に、早朝でも、暑さを期待?させるようなかなり残っている熱気。 
 
工事は二手に分かれていったが、休み明け数筆一現場と、次の現場の下見。 
 
工事は、下見をしてイメージの食い違いを無くすことに意味がある。
  


>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++