サイトトップへ
 

 2019. 6. 15. Sat
 また花粉症!?
   日本での花粉症が終わり、ホッとしていたのもつかの間。イギリスにきてからというもの、鼻詰まりがひどくて花粉症再び?(苦笑)特に昨日は酷くて、薬を求めてファーマーシー回りした。数日前最初に買って試したのがクラリチン主成分の薬。で、全く効かず昨日は「クラリチン以外で!」と、探して買い求めたのがセチリジン主成分の薬。でも、これも殆ど改善の兆しがなく、死にかけている時に思い出した。 
 
   確か前回の渡英時に、日本で処方された花粉症の薬を持ってきてたはず。それも飲み切れてなくカバンに入っているはずだ!と。で、慌ててカバンを探したら、出てきたのがオロパタジン主成分の薬。これだ〜!俺の花粉症にはオロパタジンが効くのだ!ってことで、昨晩から飲み始めたら、かなり良くなった(笑)鼻も通るようになってきたし、何しろ重く憂鬱な気分から解放された。 
 
   それにしても、日本で長いこと花粉症に悩まされたのに、やっと終わったと思ったら、またイギリスで花粉症なんてツラすぎる…(苦笑)今年の花粉症は例年よりも長引くことは言うまでもないが、乗り切るしかない現実に、憂鬱な気分がぶり返してきそう(苦笑)イギリスでも花粉症があったなんて〜!!(泣) 
 
 
 
 
左からクラリチン、セチリジン、そして救いの薬オロパタジン♪
 
 

 2019. 6. 14. Fri
 欧州選手権に向けて
   今月末からオランダのロッテルダムで、女子の欧州選手権が開催れる。これは東京パラ予選も兼ねた大事な大会でもある。ってことで、にわかに周囲は盛り上がっている様子だ。今日は朝からBBテレビの取材が入ってて、お客様も大勢集まっているよ。俺もスタッフとして選手に同行する予定だけど、やっぱりドキドキ・ワクワクかな。 
 
   それから、今日は選手、スタッフの全員に新しいウェアが配られた。俺も昨年の世界選手権以来で、新しくTシャツやジャージを支給された。これも結構嬉しいもんだね!(笑) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左:インタビューを受けているマディ選手 
中:選手たちに配られた新しいTシャツたち 
右:神保も頂きました!(笑)
 
 

 2019. 6. 13. Thu
 Emotional guy.
   女子のヘッドコーチであり、居候先の主でもあるマイルズから言われた。「Jimbo is emotional guy」と。そしたら、女子選手たちが「I know」と笑いながら言ってた。あれ?俺はイギリスでは、かなり紳士的かつクールに徹してきたつもりなのに、バレバレてるってこと?(笑) 
 
   感情が豊かなのは俺の特徴。いや、もっと分かり易く言うと感情の起伏が激しいってことだよ(笑)それを否定するつもりは一切ないけど、やっぱり隠せないんだな〜とね。まぁ、いつまでも熱く!暑苦しく!?いこうじゃない。それが神保スタイルってことで。 
 
   
   それかもう一つネタがあった。我らが松永製作所は、色んな事に挑戦している訳です。で、東京パラに向けてカーボン製のバド車も開発しているの。スポーツ車に関しては、俺の我がままを聞いてもらっていることが多いのだけど、本当に有難いし自慢したい会社。だからこそ、風来坊の俺が10年以上も務めていられるのだと思う(笑)感謝。 
 
カーボン製バド車の研究開発に関わるプレスリリース 
 
   https://kyodonewsprwire.jp/release/201906047162 
 
 
 
 
 
 

 2019. 6. 10. Mon
 世界に広げようマツナガのWA
   先週、女子の代表は海外遠征だったらしく、今日の午後バスケ車が業者によって届けられた。当たり前のことだけど、全員マツナガのB-MAXを使ってくれている。それを見たら喜びが込み上げてきた。 
 
   イギリスチームは男女とも全員が、B-MAXで東京パラに出場する予定。今日もコーチに言われたのは、「選手たちのパフォーマンスが上がっているから、選手だけでなくコーチ陣もハッピーだよ!」って。本当に嬉しい言葉。 
 
   それから、ドイツ代表のトーマス・ベーメ選手も、先週からB-MAXを使ってくれている。今日、彼からも喜びのメールが送られてきた。「ターンがスムーズでスピードも速くなった。周囲のみんなもマツナガ製品のクオリティに気づいているよ!」って。これも嬉しい言葉だ。 
 
   世界に広げていきたいマツナガのWA! でもそれは品質に裏付けされたWAでなければ意味がない。世界中の選手たちに喜んでもらい、それが松永の喜びにもなるってことを肝に銘じて前進あるのみ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左:イギリス代表女子チームのバスケ車たち 
中:イギリス代表女子チームのホイール(バッグ)たち 
右:ドイツ代表のトーマス・ベーメ選手もB-MAX! 
 
 

 2019. 6. 9. Sun
 湖水地方も訪れて
   昨日はエディンバラ観光から、約100キロほど南下した小さな町でホテルに。今日は朝からドライブを再開し、約2時間かけてお目当ての湖水地方に到着。ここはウィンダミア湖っていう、美しい湖にを中心に幾つかの湖、渓谷、山々が連なる自然豊かな避暑地&観光地。国立公園もあって、ハイキングやトレッキングを楽しんでいる人も大勢いた。 
 
   本当に心が洗われる。今日は案の定筋肉痛にも関わらず、アップダウンの多い街や公園を、5時間近く転がしたよ。天気もギリギリ良くて?歩き回るにはちょうど良い涼しさだった。また、昨日と今日で約1000キロドライブしたけど、疲れよりはリフレッシュできた感の方が強い。明日から仕事頑張ろう!って気持ちになった(笑) 
 
   そうそう、昨日のエディンバラと今日の湖水地方から、趣味の絵葉書を投函。自分宛と何人かの友人宛にね。よく「マメだね!」って言われるけど、郵便局見つけたら切手を買ってカバンに入れておくだけですから。絵葉書と切手代を含めても200円位だし、一番のお土産になると思う。安くて、かさばらなくて、世界中の地名と日付が入ったスタンプが押されているからね。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左:何とかって街で撮影!(笑) 
中:これも何とかって街で撮影!(笑) 
右:何とかって街で絵葉書を投函!(笑) 
 
 

 2019. 6. 8. Sat
 初エディンバラ
   今日はシェフィールドから、約400キロほど北へドライブ。スコットランドの首都であるエディンバラまできた!途中ハイウェイを降り、田舎道を走りながらきたから、6時間以上掛ったけど、それも楽し。また、車を止めれず、撮り損ねた景色や街並みは、しっかり自分の目に焼きつけた。世界は広いし、美しい景色もたくさんある。もっともっと知りたいと思った。 
 
   エディンバラの旧市街は、中世の街並みをそのまま残しているらしく、街自体が世界遺産になっているとか。本当に素晴らしい街並みに感動。イギリスにきて、初めてトキめいたね(笑)何て言うか、目をつぶると中世のイギリス人の生活が目に浮かんでくる感じだ。あの石畳の細い路地!ジャン・バァルジャンがパンを盗んで逃げっていった!!みたいな(笑)あっ、レ・ミゼラブルはフランスが舞台か‥(苦笑)でも、そんなイメージが沸くんだよ。 
 
   ただね、石畳に坂ばかりでとても苦しかった。しかも天気は雨で濡れながら、旧市街を3時間ほど転がしたの。今はバスケの練習した後みたいに腕が張っている。きっと明日は筋肉痛だな。それでも6時間かけてきたかいはある。またそのうちゆっくり来ようと誓って、エディンバラを後にした。本当は泊まろうと思ったんだけど、ホテル高すぎて諦めましたよ(泣) 
    
 
 
 
 
旧市街の街並みをセピアカラーにして昔風に? 
 
 
 
 
    
 
 
 
 

 2019. 6. 7. Fri
 イギリスの夜は長い
   昨日も少し触れたけど、イギリスの夜はとっても明るいのよ〜。今日は雨が降った関係で、いつもより少し暗い感じするけど、それでも19時現在でライト不要の明るさ。 
 
   明日からの週末は「遠くへ行きたい」ってことで、エディンバラにでも行ってみようかと。確か車で4時間弱だから、日本でいえば東京から福島くらいの距離じゃない?もし、日帰りがキツければ、どこかでホテルに泊まれば良い訳だし、久しぶりのイギリス週末は旅に出ようかと検討中。”ふうてんの神さん”復活!(笑) 
 
 
左:昨晩21時のシェフィールド 
右:昨晩22時のシェフィールド 
 
 
 
   
 

2019年 6月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

2019. 6. 15. Sat また花粉症!?
2019. 6. 14. Fri 欧州選手権に向けて
2019. 6. 13. Thu Emotional guy.
2019. 6. 10. Mon 世界に広げようマツナガのWA
2019. 6. 09. Sun 湖水地方も訪れて
2019. 6. 08. Sat 初エディンバラ
2019. 6. 07. Fri イギリスの夜は長い



>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++