サイトトップへ
 

 2019. 10. 14. Mon
 日本人としての誇り
   それは、11時から約束していた、若僧とのやりとりから始まった。彼は「新しくマツナガでバスケ車を作りたい!」と採寸する予定だった。しかし、彼が使用しているイスは、全くもって身体に合っておらず、採寸の参考にならないため採寸は断念。とりあえず、使ってないMPのバスケ車を3台かき集め、部品取りしながら1台のバスケ車を完成させた。もちろん、可能な限り彼に合うセッティングを施して。これがMPの凄いところだと心底感心したね。 
 
   で、彼がそれに乗ると、喜びから見る見る笑顔になっていくのが分かった。そして、見ていたコーチも「スゴイ動きが良くなった!」と驚いていた。そこで俺はとどめの一言。「今日は採寸キャンセル。そのイス貸すからしばらく乗りな〜」と。彼は正直驚いていた。なんて商売っ気がないのだろう?って(笑)そして、何度も何度もお礼の言葉を口にしてくれた。 
 
   また、彼が立ち去る前に本音を明かした。実はマツナガと他社とで天秤を掛けていたらしい。もちろん、それも想定の範囲内。しかし、彼がこう言って去っていった。「俺の父も日本製品を信頼し好んで購入している。そして、俺もマツナガに決めた!」と。営業冥利に尽きる言葉だよ。ただ俺はその喜びに浸っている暇はなかった。すぐに待たせていた次のユーザーを対応。そして、昼メシをスキップしたことは言うまでもない(苦笑) 
 
そんな彼からWhatsApp(英語版のLine)にメッセージが入ってきた。 
 
彼 「Hi Jimbo. Just wanted to say thanks again for sorting me out with that chair 🙏 I'm so grateful it feels like Christmas 🎄😂」 
 
俺は忙しかったから、「I am happy if you are happy.」と簡単に返信(笑) 
 
   で、さっき仕事が終わって携帯をチェックしたら、また彼からメッセージが入っていた。 
 
彼:「Jimbo you're an absolute legend. You know you are making a chair for a future champion so I will remember you as the man who helped made it happen 😉」 
 
   なんかヤバイ。疲れも緊張もネガティブな気持ちも、全部吹っ飛んで力が抜けた。若僧にやられた。日本製品の信頼を勝ち得てきた、多くの日本企業と先輩方に敬意を表したい。そして、そのプライドを継承しながら、かならず世界のマツナガになろうと誓った。今日の日を忘れず、決して驕らず、しっかり前進していこうと思う。 
 
 
 
2019年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

2019. 10. 26. Sat 帰国!
2019. 10. 14. Mon 日本人としての誇り
2019. 10. 13. Sun お見舞い申し上げます。
2019. 10. 12. Sat やるしかない!
2019. 10. 11. Fri あっという間の1週間
2019. 10. 06. Sun お気に入りのフィンエアとGREGGS





| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++