サイトトップへ
 

 2018. 8. 29. Wed
 ありがとうハジ、ありがとうチームGB
   イギリス男子ヘッドコーチのハジからメールがきた。スタッフ一人一人を労うお礼のメール。実はハジのことで思うことがある。それは選手・スタッフを含めて、誰よりもたくさんの思い。 
 
   大会期間中、ヘッドコーチである彼が、毎晩選手の洗濯物をバッグに詰め、徒歩15分のランドリーまで行っていた。俺はそれに気づいて、彼に尋ねると「ごめんジンボに声を掛け忘れてた。洗濯物があれば一緒にやるから」と、ほほ笑んだ。でも俺が言いたかったことなそんなことではなく、コーチが率先して洗濯をしていることに感銘を受けたということ。 
 
   大会期間中、何度か日本チームの応援に行きたいと相談した時、やはり彼はほほ笑んで、「もちろんだ!」と、送り出してくれた。社長が来て夕飯に行きたいと言った時も、同僚の上野とご飯に行きたいと言った時も、同様に快諾してくれた。自分がやる事さえやれば、あとは自己責任で行動することができるっていう感覚が心地よかった。 
 
   決勝戦の後半、普段は物静かで大人しい彼が怒りを露わにした。選手が受けたラフプレーに、レフがファールを取らなかったからだ。彼は激しくレフに抗議した。その結果ベンチテクニカルファールを取られたのだけど、そこから選手たちのギアが確実に上がった気がする。ハジの行動は褒めらるものではないけど、彼の選手を思う気持ちに、きっと選手たちが奮闘したのだと思う。 
 
   決勝戦のあと、彼はロッカールームに選手を集め、ルーティンであるミーティングをした。優勝した後でもきっちり試合の分析をし、良かった点や改善すべき点を選手に伝えた。また、選手やスタッフ一人一人を労う言葉を掛けてくれた。彼の話が終わった瞬間、今度は選手たちが競いあうようにハジを称えあった。そして、水の掛け合いに大合唱からのパーティーモード!なんてすばらしい光景なんだ!と感動した。 
 
   うまく言えないけど、そんな小さなやりとりが、とても心地よく感じた。とても気持ちよく感じた。やっぱり海外の気質が俺には合っているのかな〜(笑)そして、ハジをはじめスタッフや選手の誠実で前向きな言動が大好き。最高のチームだなーって実感している。そんなチームに関われたことが、本当に本当に嬉しい。 
 
 
2018年 8月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

2018. 8. 29. Wed ありがとうハジ、ありがとうチームGB
2018. 8. 26. Sun イギリス男子初優勝!!
2018. 8. 25. Sat イギリス女子準優勝!
2018. 8. 24. Fri イギリスチームの快挙!
2018. 8. 23. Thu 4強出揃う!
2018. 8. 22. Wed 終盤戦に突入
2018. 8. 20. Mon プレスリリース





| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++