サイトトップへ
 
 

 2020. 5. 12. Tue
 ウェイトコントロールの極意?
   ダイエットする!って言うと、若干ネガティブ感があるので、ウェイトコントロールにしてみた。で、最近体重を落とすため、色々と考えながら実行しているけど、理屈抜きで「毎日体重計に乗ること!」が、一番重要なポイントと思う。これは何の根拠もないけど、神保スタイルで”極意”と言い切ってしまおう(笑)常に感覚で生きている俺っぽいね。 
 
   やっぱり体重が気になる人は、現実から目を背けたくなるでしょ。躊躇なく体重計乗れる人は、自身の体重や体形に自信がある人だと思う。または、真逆で全く気にしない人。で、後者の場合は役に立たないけど、俺は前者の気なってる人。だから、極力体重計に乗らないようにしてたんだけど、最近ほぼ毎日乗っている。で、自分の納得いかない体重と日々向かい合ってる。 
 
   面白いことに、そうすると何か食べようとする際、頭に体重計がチラつく。しかも、カロリー計算してないのに、ここまでなら体重キープ。これ以上食べると増える。逆にこれ以下だと減るだろうな〜って、何となく分かるようになってくる。で、翌朝体重計に乗ると、ほぼその通りの数字が出てくる。なんか面白い(笑)数字は時に操作もできるけど、体重に関しては正直。 
 
   ただ、ストレスをためる人には向かない「毎日体重計」。俺はその辺を楽しみながら、体重の増減を体感してるから。それと、ある程度コントロールできるようになってきたから、どうしても食べたいときは無理せず食べるようにしてる。ただし、週1回が限度。で、翌日か翌々日に増えた体重を見て、なるほど!と感心しつつ、またコントロールに励む日々。でも、正直言うと、コロナ収束してからが心配だよ。外出自粛がもたらした奇跡!?かも知れないのに(苦笑) 
 
 
 
 

 2020. 5. 10. Sun
 ジェンダーギャップ指数ワースト記録の日本・・
   というネットニュースを見て唖然。2019年の調査では153か国中121位だって。まぁ、あくまで様々なデータから導き出されたものと思うから、必ずしも順位だけを見て実態とイコールとは思わないけど、それにしてもひどい数字だよ。ちなみに、2018年は144か国中110位だったようで、分母は違うけど順位的には過去最低を記録した様子。 
 
   日本って素晴らしい部分が沢山ある国だと思う。特に人間性。忍耐強く、優しく、思いやりがある国民性と言うか。しかも、社会全般や街にいたるまで、何においてもていねいだし、正確だし、きれいだし。さらに、多様な食文化で美味しいものたくさんある(笑)色んな国を旅して思うことは、日本って本当に素晴らしい国であり、俺は日本人で良かった!って。 
 
   ただ、その一方で違和感を感じることもあるんだけど、その一つが”男尊女卑”的な部分かも。ニュースを読むと、現実を見せつけられた感じがして目を背けたくなる。でももっと素晴らしい国になるためには、改善が必要な部分なのかなって。しかも、女性が活躍する国は、経済も発展する傾向があるというデータがあるらしいし。俺は男尊女卑的な考えや言動は反対だし、最低でも自分がそうならないように気をつけたい。 
 
 
 
日本と近い国々のジェンダーギャップ順位表  
 
 

 2020. 5. 9. Sat
 オンライン飲み会は・・
   最近誘われることが増えたオンライン飲み会。でも俺は基本的にパス。今まで幾度となく誘われたけど、全てお断りせてもらった。特に複数参加者がいるオンライン会話や飲み会は極力避けたい。仕事ならまだしも、プライベートではなしで。 
 
   理由はいくつかあるけど、そこまでして話したり飲んだりしたいという気分にならない。ステキな店とかに行って、美味しいものを食べたり、飲んだりしながら会話をしたい。俺はそういう付加価値と一緒に楽しみたい派。確かにオンラインだと安上がりとか、終電を気にしなくていいとかメリット?もある。もちろん、そこのプライオリティが高い人にはね。 
 
   ホンネで書けば、この年齢になると時間の使い方って本当に考える。何に時間を費やして、何を省くかって。それこそ人生のプライオリティ。以前、親友が俺に言ってきたんだけど「若い時みたいに誰とでもパーッと飲みに行くことが楽しいとは思えない。自分の貴重な時間を割いてでも会いたい人と、同じ空間を楽しめる場所で気兼ねなく語らいたい!」と。俺も全く同意見で、すかさず彼と握手したことを覚えてる(笑)そういう時間を大事にしたい。 
 
 
 
 

 2020. 5. 7. Thu
 痩せたけど‥‥。
   朝シャワーしたあと体重計に座ってみた。また減り始めている。デジタルだから200グラムずつ変動するので分かり易い。一時は停滞期だったか?1週間ほど横ばいが続てたんだけどね。全然運動はできてない代わり、食生活にはかなり気をつけているし、結果として減っていることは素直に嬉しい。それにお酒もほとんど飲んでない。成人して以来初めてのことかもしれない!ってくらいに。しかし、それでもまだ納得いく体重でも体形でもないから、今回はトコトン追い込んでみたい。 
 
   ところで、ひと月で6キロ近く痩せたのに見た目が変わらない(泣)会う人が限定されているとは言え、誰も気づいてくれない(笑)と言うか、自分で鏡を見ても変わった気がしない。基本ガッチ体形だから、太ってても目立たかなかったんだと思う。ただ、ズボンはかなり緩くなったし、車いすの乗り降りも楽になった。明らかに身体は軽くなっていることは実感できている。 
 
 
 
 

 2020. 5. 5. Tue
 こどもの日
   おめでたい日だけど、39年間連続で子供の数が減少しているというニュースもあったね。いや〜心配。俺が心配しても仕方ないんだけどさ(苦笑)特に日本はルールや世間体を重んじる国民性だから、シングルマザーとか婚外子だと、白い目で見られたり後ろ指されたりするでしょ?日本人そういうところも超真面目だからね(笑)もっと世の中が寛容になれたらいい。それに育児を両立できるような社会にならないと、きっとこの傾向は変わらないというか加速する。 
 
   ここのところ良く書くけど、もっと若い世代が生き易い社会にしないといけない。子供たちは宝。俺は子供いないし、その貢献はできてないけど、せめて託児所や保育園、さらには子を持つ人たちが働き易い職場や生活環境を整えてあげたい。夢や目標が持てる社会にしないといけない。全て簡単ではないことだけど、そういうことを真剣に考えないとだ。少なくても他人事ではなく、自分のこととして考える必要がある。もっと未来を創造しないといけない。 
 
   ところで、こどもの日だから?シャトレーゼに行列出来てた(笑)きっと「Stay home」も相まって、自宅用スイーツの需要が増えてるんだろうね。開店前から20人以上並んでた。しかも、みんなソーシャルディスタンス守ってるから、結構長い列になってた。あんまり大きな声では言えないだろうけど、コロナショックのビジネスもあれば、逆にコロナバブルのビジネスもあるんだろうね(笑) 
 
 
 
 

 2020. 5. 4. Mon
 国民は憲法で守られている!?
   テレビを観ていると、自粛に伴う休業補償や生活保障について論議されている場面を良く見るじゃない?確かにコロナウィルスのお陰で、お店や企業といったビジネス面で大打撃を受けている方々は多い。また、少なからず生活に支障をきたしている方々も。 
 
   個人的には、なるようにしかないから、どっちにしても一生懸命生きるしかない!と思っている。また「Stay home」生活も、昔に比べればLineやSkypeといった、通信機能が充実しているので、いうほど困らないしストレスもない。くどいけど全て個人的な意見ね(笑) 
 
   で、何が言いたいかと言うと「みんな補償(保障)しろ!って言うけど、この状況だから仕方なくね〜?」って言ったの。独り言のようにね。そしたら、一緒に暮らしている大学生の甥っ子が「それは違う」って否定するの(苦笑)彼曰く、憲法25条で国民は最低限の生活が保障されてるからって。思わず憲法25条をググったよ!(笑)なるほど。人によって解釈の幅はあるかも知れないけど、確かに憲法で守られているんだね。妙に感心した。 
 
   憲法を逆手にとって、言い合うつもりはなくても、憲法によって守られているという安心感や期待感はありだ。そして、ある程度主張することもありだと思った。それから、法律家を目指して日々勉強している彼が凛々しく見えたね〜。 
 
   これ、あくまでも神保の独り言。俺は政治評論家でも批判家でもないですから〜(笑) 
 
 
憲法25条だって 
 
 
 
 
 

 2020. 5. 3. Sun
 やっぱりイイ!
   今日ネットのニュースで、ホリエモンこと堀江貴文氏の会社が危機に陥って、クラウドファンディングで900万円の寄付を募ったというニュースを発見。結果は開始から10時間足らずでクリアだって。彼は有名人だけど普段は辛口でも有名。意図的に敵を作るタイプと言うか(笑)しかし、彼の訴えに対して世論はサポートに動いたわけ。なんかイイ。俺は苦手な人いるけど、嫌いな人いないし、ホリエモンは先頭に立って挑戦してる人だし目立つ人。良くも悪くも(笑)とにかく「危機から脱することが出来て良かったね!」と言いたい。 
 
   それと、昨日だけど日本経済新聞に、松永製作所の躍進を伝える記事が掲載された。正直凄いことだと思う。中小企業が世界、特に欧州に出ていくなんて、半端ない覚悟と勇気がいる。俺はその言い出しっぺだけど、会社として体制を整えるという英断には感謝しかない。また、ある程度ベースを構築した上で、やる気のある優秀な後輩に引き継げたことでホッとしてる。俺が世界を股にかける挑戦を続けるには、肉体的にも精神的にも少しシンドイ(苦笑)昨日も書いたけど、未来の成功は若い人たちにどんどん譲って、年寄りはそのサポートや裏方を担当だよ。 
 
 
 
たぶん、俺が前面に出るのはこれが最後の記事かな〜って。
 

2020年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

2020. 5. 12. Tue ウェイトコントロールの極意?
2020. 5. 10. Sun ジェンダーギャップ指数ワースト記録の日....
2020. 5. 09. Sat オンライン飲み会は・・
2020. 5. 07. Thu 痩せたけど‥‥。
2020. 5. 05. Tue こどもの日
2020. 5. 04. Mon 国民は憲法で守られている!?
2020. 5. 03. Sun やっぱりイイ!



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++