サイトトップへ
 

 2018. 5. 12. Sat
 羽田の”Fast cabin”が良かったので・・
   ジャカルタから飛行機で約1時間、とある田舎町にてオシゴト。毎日暑い中アチコチ回ってクタクタだけど、今日の夜便で東京に向けて飛び立つ運びとなった。明日の朝には羽田に戻れる。うれしい!(笑) 
 
   フライトは19時だが、ホテルは12時がチェックアウト。レイトアウトを申し出たが、非情にも予約がいっぱいで断られる(涙)と言うことで、朝8時にチェックアウトを済ませて仕事に出た。午前中で仕事を終え、昼食も済ませたが、まだ5時間くらいの空き時間が…。この中途半端な時間がツラい。パソコンで仕事もこなせるけど、どこでやるかが重要です。あ〜、インドネシアの空港にも”Fast cabin”があればいいのに。 
 
   で、色々調べてみたら、空港近くのホテルが意外と空いてた。3、4時間のショートステイにはもったいない気もしたが、やはり涼しくてリラックスできて、ベッドもある個室は魅力。しかも、リゾートホテルでプールもあるし、ビュッフェの食事も全て無料で2,000円。考えてみたら”Fast cabin”より、全然安いことに気づく。少し贅沢とも思ったが、ご褒美に?チェックイン。 
 
   またまた、最初の2時間くらいは爆睡。その後、メールの処理にシャワーを浴びて、約4時間のショートステイを終えた。ホテルのスタッフは、4時間でのチェックアウトに驚いていたし笑ってた。でもかなりリフレッシュできたよ。有効な時間とお金の使い方だったとも思う。これで、日本までの長旅も大丈夫! 
 
 
 
この部屋で2,000千円ですよ。助かりました! 
 
 

 2018. 5. 9. Wed
 そしてアジア再び
   4日の晩(正確には5日の1時頃)に、某欧州国へ向けて旅発ったのだが、本日羽田に戻り、そのままインドネシアのジャカルタ入り。なんだか飛行機に乗ってる時間が長過ぎて、時差とか良くからない状態。 
 
   今朝、羽田に着いたのが6時で、ジャカルタ行きの便が11:45発。約5時間の乗り継ぎ時間をどう使うか?考えた。とりあえず、車を飛ばして自宅に戻り、シャワーを浴びる?でも、時間的にギリギリで渋滞があったら遅れる可能性が・・・。うーん、悩んだあげく国内線の第1ターミナルにある「Fast Cabin」なるカプセルホテルの3時間パック3,000円を選択した。 
 
   これ良かった!部屋の広さも十分だった。車イスのまま入れたし、シャワールームに大浴場も完備!最初の2時間はベッドで爆睡!(笑)で、その後大浴場で疲れを癒し、テレビを見ながらダラダラと着替え。そして、出発2時間前に国際線ターミナルに戻った。超快適でした。ただ、浴室までは階段が6段ほどあるため、気合入れて車イスを担いだ。浴室を使うなら俺の身体状況がギリギリかも。 
 
   チェックイン後は、朝からとんかつ屋に入って腹ごしらえ。やっぱり日本食はうまい〜!!おかげで機内食は全てパスして、アイスだけ食べた。 
 
   ジャカルタも2回目だと慣れたもので、空港からホテル行のシャトルバスもすぐにゲットし、ジャカルタで常宿になりつつあるibisホテルにイン。今は現地時間22時過ぎだけど、溜まったメールを必死にこなしている最中。で、「独り言」(笑) 
 
 
 
左:FastCabinの部屋 
右:ジャカルタのibisホテルでパソコン
 
 

 2018. 5. 5. Sat
 そして、またまた旅に出る
   今日は深夜便ということで、ラウンジにてフライト時間待ち。まだゴールデンウィーク中だけど、どうやらオシゴトのようです(笑)5月に入って5本目のフライト。まだ5日なんどけどね(苦笑) 
 
   でも、充実してる。仕事も私生活も。バスケから離れる前は不安ばかりだった。でもバスケから離れたら、少しの寂しさはあるけど、想像以上に色んなことが見えてきた。色んなことをする時間もできた。 
 
   人生分岐点かも?、タノシモウ、ウレシモウ。 
 
 
 
ラウンジにてMPサイトを閲覧
 
 

 2018. 4. 28. Sat
 HEROで取材していただきました!
ありがとうごさいます!(笑) 
 
前編 
http://hero-x.jp/article/3637/ 
 
後編 
http://hero-x.jp/article/3646/
 
 

 2018. 4. 19. Thu
 そして、また旅に出る
   今朝、無事に羽田に戻ったのだけど、次は夕方の便で香港に向かう我(笑)そう言えば、香港とキャセイパシフィック航空も初めての経験かな。少し疲れているけど、とてもワクワクしてるし興奮気味だな。ちなみに、自宅での滞在時間は約3時間だった。シャワー浴びて、少し荷物を詰め直し、テレビを観てたらあっという間。自分のベッドで寝れる時間が減ってきたな〜と実感しつつ家を出た。 
 
   現代版、ふうてんの寅さんは健在と思う(笑)あっ、そう言えば昨日の午後にジャカルタでスナックを食べて以来何も食べてない・・。夜中の便で機内食も食べずに寝てたから。バタバタしてて食事とるのも忘れてた(苦笑)寿司かかつ丼食べたかったけど、もう時間もないのでキャセイの機内食に期待しよう。 
 
   <本日の続き> 
   香港国際空港でも次なる目的地への便が遅延(苦笑)またもや空港で足止め。香港は夜の便なので、プレミアムラウンジなるところを訪ねてみた。有料なんだけど3時間で60USドルだったかな?でも、食事有り、お酒あり、シャワーありと、至れり尽くせりの施設でした。ちなみに俺はシャワーだけ使いたかったので、スタッフと交渉してみたら26USドルにしてくれた。それでも2800円は安くないけど、スッキリしてラウンジでゆっくりできたのはグッド。 
 
 
左:そして香港へ旅立つ 
右:ラウンジにてシャワー! 
 
 

 2018. 4. 18. Wed
 インドネシアでも吉野家!
   ホテルがショッピングモールの隣にあるため、食事には困らなくて助かっている。しかも、日本食のレストラン、らーめん店がある。そして、極めつけは吉野家の牛丼。値段は日本と同程度だから、お財布にも優しい。あっ、現地インドネシアの人たちには、少々高い食事になるとは思うけど、かなり繁盛している感じだよ。 
 
   せっかくの初インドネシアですが、仕事場とホテルの行き来だけなんで、あまり散策する時間も取れてない。仕方ないよね。オシゴトですから!でもね、インドネシアの女性は彫が深く美しい方が多いので、見ていてるだけで楽しいのよ〜(笑)そして、男女問わずみんなフレンドリーで、親切で誠実です。とても居心地が良い。 
 
 
 
吉野家の牛丼(食べかけでスンマセン)
 
 

 2018. 4. 16. Mon
 小さなアクシデント?
   ジャカルタから次なる目的に向かうはずが、飛行機の遅れで待ちぼうけ。以前ならイライラしていたかも知れないが、どうにもならないことにイラついても仕方ないので、空港で朝食とったり散策してみたり(笑) 
 
   インドネシアは意外とハンディキャップに対しての扱いが良いという印象がある。飛行機内も車椅子対応のトイレ前に席を用意いただき、神保が優先で使えるよう?常にトイレは使用中モードにして閉鎖。もちろん、立てる人がトイレに増えると解放していたんだけど、その間合いと言うか感覚が非常に絶妙で心地よい。誰にもストレスを与えず、車椅子に専用トイレを優先しつつ解放しつつみたいな(笑) 
 
   待合室にも専用シートが用意してあるし、全ての人が非常に親切で、心地よいサポートをしてくれる。「自分でやる!」と言えば、必要以上に手助けもないしね。 
 
   それから、インドネシアとマレーシアは言葉が似ているようで、聞いた覚えがある会話や言葉に懐かしさを覚えたよ。とても心地の良い国で好きになったかな。 
 
 
 
左:空港内ファーストフード店で朝食 
右:ゲート入り口に用意された優先席 
 

2018年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

2018. 5. 12. Sat 羽田の”Fast cabin”が良かったので・・
2018. 5. 09. Wed そしてアジア再び
2018. 5. 05. Sat そして、またまた旅に出る
2018. 4. 28. Sat HEROで取材していただきました!
2018. 4. 19. Thu そして、また旅に出る
2018. 4. 18. Wed インドネシアでも吉野家!
2018. 4. 16. Mon 小さなアクシデント?



>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | 

++ Powered By 21style ++