++現場日誌++

2018. 2. 23. Fri 山の天気と、女心と、塗装付き現場。
2018. 2. 22. Thu ラ・ロシュフコー箴言。
2018. 2. 21. Wed しかし、ボクシングも変わった。
2018. 2. 20. Tue 以前作らせていただいたカーポートの上に....
2018. 2. 19. Mon 篠原一男の住宅論。
2018. 2. 18. Sun ウッドデッキ先進国アメリカ。
2018. 2. 17. Sat 戦場にかける橋
2018年 2月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- - -

 

 
  2018. 2. 7. Wed
      10年前に泳いで感じた事。
  
自分の故郷は、静岡県と愛知県、長野県のほぼ境にちかい、中山間地にあり、スギ・ヒノキが多勢を占める、林業の盛んな場所であった。 
 
教育と言うか、研修と言うか、遊びと言うか、土地勘のあるとこで山の勉強をと思い、現場社員つれて行った事がある。 
 
ついでに、学校に入る前、小学校のとき偶に遊んだ、神社裏の川で泳いだ。 
 
4人で泳いだのだが、水中眼鏡をして入った時、魚が少ないのに驚いた。 
 
明らかに、魚影が少なかった。 
 
川に入ると、水温が高い事にも気がついた。昔は、10分程で唇が紫色になるほどつめたかったのだが。 
 
目に見える違いと言うと、川が、樹木に覆われすぎて、昔と違って切られる事もなくのびて、それが、風通しの悪さになり、気温を下げず水温を下げないのでは?と想像した。 
 
あくまでも、想像だが。 
 
それほど、体感した川の水温が違ったのだ。
  


<<BACK 6日 現場2件。

NEXT>> 8日 友だちの友だちから、広報誌の表紙に井伊直虎


| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++