++現場日誌++

2018. 2. 28. Wed 昨日の現場の床貼り。
2018. 2. 27. Tue ベランダの高さ合わせ。
2018. 2. 26. Mon ちょっと古いが、中国保存剤事情。
2018. 2. 25. Sun セカンド・オピニオン重要。
2018. 2. 24. Sat 雨がうらめしい。
2018. 2. 23. Fri 山の天気と、女心と、塗装付き現場。
2018. 2. 22. Thu ラ・ロシュフコー箴言。
2018年 2月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- - -

 

 
  2018. 2. 23. Fri
      山の天気と、女心と、塗装付き現場。
  
とかけて、なんと解く。 
 
・・・・変わりやすいと解く。 
 
その心は?なんてどうでもいいが、朝2現場に分れて、M君、U君別々の現場に。 
 
早朝の打合せでM君は、(雨が降らなければ)自分の方は、2人いれば行けます。と、 
 
U君の方は2人行く予定にしていた、三日目があるし。 
 
”じゃあ、M君の方は、一人増やして確実に終わらせ、終われば次次回の工事の塗装をやっとけば。”ということで、了解!と。 
 
ものごと、運命に対して(性善説)は取るべきではないことは、わかってるが、雨で、最後の塗装が終わらない・・・。と午後3時頃か?電話があった。 
 
U君の現場は?・・と、連絡取り合ってくれと言うと、U君の現場一人(落ち)でも終われるとこまでやると言うことで、 
 
今日の予定が、余裕ありそうなとこが余裕なくなり、余裕のなさそうなとこが、余裕を見出す。 
 
仕事の流れ・・・現場は別々と言っても、ぶつ切りではなく、どう入って行くかの連続点の中で、考えることが大事なのだ。 
 
今更だけど。 
 
まあ、現場はいつまでたっても甘くない。 
 
現場はオートマでドライブに入れときゃいいってわけじゃなく、レーサーのように(たとえが格好いいが)マニュアルで、マンガ、頭文字D(イニシャルD)のように、ギリギリを攻めるってとこか。 
 
大丈夫というポシティブ・シンキングだけでも、難しい。 
 
  


<<BACK 22日 ラ・ロシュフコー箴言。

NEXT>> 24日 雨がうらめしい。


| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++