++現場日誌++

2018. 11. 20. Tue 勉強になった本。
2018. 11. 19. Mon デッキの理論と歴史の本。
2018. 11. 18. Sun 夜がまた来る、寒さを連れて。
2018. 11. 17. Sat 実質3日目。
2018. 11. 16. Fri 色の変色経過見る実験。
2018. 11. 15. Thu 気分は師走。
2018. 11. 14. Wed 誤算。
2018年 11月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

 

 
  2018. 11. 8. Thu
      イペの耐久性?
  
多分、ホームページが普及して20数年経つように思うが、 
ウッドデッキと言う狭い分野なのだが、長くやってきて、使用例の多いイペの腐朽例は、知ってる人は少ない。 
 
それでも、イペ、ウリンは貴重種なのか、入荷は少ないし値段も高いが。 
 
その他のハードウッドが、(ほぼ、イペ、ウリンと変わらない)と説明されたら、 
怒るべきだ! 
 
地質学の歴史の様な、悠久の歴史の前ではそういってもいいけれど、もっとショートスパンでみると、 
ネコとハムスターの寿命位の差はあると思う。有意の差である。 
 
写真左、右;ボードウォークの曲がり角の乗った感じの弱さを2005年感じた。 
施工は1990年だ。(15年経過)、その先のイペの根太も柔らかいので、腐朽の範囲に入っていた。 
 
そして、直して、通風を撮ったのが真ん中の写真。 
 
泥縄でも仕方がない部分はある。工学的には80%の成功で合格と聞く。 
100%絶対、というのは、口で言うほど真実味はない。 
 
危険を避ける考えをやはり二重、三重に付け加える必要がある。 
 
  


<<BACK 7日 長所ばっかじゃないぞ。どこで選ぶか?

NEXT>> 9日 ボードウォークのイペの腐朽。


| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++