++現場日誌++

2017. 10. 19. Thu 耐久性考。
2017. 10. 18. Wed 雨しか降らない。
2017. 10. 17. Tue 昨日の説明不足に付けたし。
2017. 10. 16. Mon 基礎杭としたものは、腐朽にとっては良い....
2017. 10. 15. Sun 擁壁デッキ。
2017. 10. 14. Sat 浦島太郎かリップ・バン・ウィンクルか?
2017. 10. 13. Fri 小さい秋、見つけた。
2017年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

 

 
  2017. 10. 7. Sat
      (続)1945年以降の建築と暮らし・・於国立近代美術館
  
この、家の写真を美術館で見た時、すごく開放的で(いいなあ!)と思った。 
子供だって、屋根の上のデッキで楽しそうじゃん。と思った。 
 
屋根には、傾斜が有るので、その傾斜が人が座りたくなる・・・・と、書いてある。 
 
建築の材質としての問題、傾斜が水を切ってくれるのだろう云々、技術的な事を考えてしまうと、 
ごちそうを食べてる時に、箸がとまるような、心境になるが。 
 
でも、みた瞬間いいなあ。楽しそうだなあ。となる。 
 
で、フェンスないけど、落ちたら骨折しそう・・・とか、考えちゃうだろう。 
 
そこは、自己責任とか、落ちることで痛さを学ぶとか、理屈は飛んでくるんだろうなあ。 
 
こういう設計思想は、設計家の命なのだろう。 
 
安全との、せめぎ合いやら、不便さのせめぎ合いで、建築は芸術に止揚されて行くのだろう。 
 
確認申請おりないだろうな。 
 
 
  


<<BACK 6日 擁壁工事の基礎から

NEXT>> 8日 Fさん。


| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++