++現場日誌++

2017. 10. 19. Thu 耐久性考。
2017. 10. 18. Wed 雨しか降らない。
2017. 10. 17. Tue 昨日の説明不足に付けたし。
2017. 10. 16. Mon 基礎杭としたものは、腐朽にとっては良い....
2017. 10. 15. Sun 擁壁デッキ。
2017. 10. 14. Sat 浦島太郎かリップ・バン・ウィンクルか?
2017. 10. 13. Fri 小さい秋、見つけた。
2017年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

 

 
  2017. 10. 4. Wed
      満を持して。
  
現場社員を育成するというのは、過去の経験からいって相当な時間がかかる。 
まあ、なんでも終わりがない世界だけれど。 
 
ネバー・エンディング。だ。 
 
現場仕事のベテラン(彼らも元は、素人なんだから)について、ふと気がつくと山ちゃんも3年目。 
 
それまでには、静岡県湖西市の木材工場で働かせたり、ゴミを捨てにいったり、材料を運んだり、様々な仕事を、 
雪の日もあれば、雨の日もある。 
 
風の日もあれば、くそ暑い日も。 
 
この間に、いやになってやめてく者もいる。(続けられるのは、1/6か?) 
 
そして、この濡れ縁が、山ちゃんのデビュー戦になった。 
 
様々な実践の手伝いから、たったひとりで、組み立てから完成、作業場の確保・養生・・・・・と切り盛りするわけだ。 
 
お客さんの評判もいいし、僕も嬉しいし、U君、M君も教えた喜びが有るかもしれない。 
本人も、満を持しての作成で自信をつけると思う。 
 
育てるから、育っていく契機。修破離の修と破のボーダーラインに立ったっていうことか? 
 
自分は、なんにもしてないが、うれしい。
  


<<BACK 3日 時分の花

NEXT>> 5日 1945年以降の建築と暮らし・・於国立近代美術館


| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++