++現場日誌++

2019. 2. 15. Fri 現場社員研修で、再確認。
2019. 2. 14. Thu 静岡県の湖西市に工事と営業に研修行かせ....
2019. 2. 13. Wed まだ早いが日除け対策。
2019. 2. 12. Tue 10年前からの、木材調達ガイドライン。例。
2018年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

 
  2019. 2. 15. Fri
      現場社員研修で、再確認。
  
工場の敷地の端っこに作った、LBウッドでのウッドデッキ。 
 
作ったのが、2008.10.16である。すぐそばに農業用水のため池からの水が流れ、 
春、夏は雑草の中に有り、そこに梅雨やら、雨水で濡れ、最悪の環境になっている。 
 
当然、放置したまま、メンテもないようにしている。デッキは汚れたが、LBウッドでのデッキは腐朽・シロアリ(この辺はヤマトシロアリだけでなく、イエシロアリもいる。)に全く侵されていない。 
 
UVの当たらないとこの、撥水性をいつも、観察している。 
 
左写真(10年後もUVの侵入しない部分は、撥水は継続) 
 
右写真は、JASK4基準に適応する為の真空加圧装置。この真空を作るのを利用して、浸漬レベルでも入るが、早く浸潤さす作業も入れ込んでいる。 
 
これが、LBウッドの構想をつくり、実験の10年の途中経過だ。 
 
、 
 
  

 

 
  2019. 2. 14. Thu
      静岡県の湖西市に工事と営業に研修行かせた。
  
年末、工場の壁がだいぶ劣化したなということで、時間が出来た時直そうとおもってたが、現場社員に直してもらい、かつ営業のY君の体験的実習も含めて一泊二日で行った。 
 
工場の中を想像すれば、材料から何から、文書で説明するより何倍も分かるものだ。 
体験するとさらにわかるし、想像力が具体的になるのだ。
  

 

 
  2019. 2. 13. Wed
      まだ早いが日除け対策。
  
この、寒帯化した時期に挙げる話題ではないだろうが、去年の夏と言い、その前の夏と言い、 
極端な寒さも極端な暑さの(裏返し効果)・・こんな言葉ないけれど、のようだと聞いた気がする。 
 
メリハリが際立つこの気候・日差しに対して、家の密封が進み、奥深い庇の家が減ってきている。 
 
日光の入射角云々という観念より、実際は庇で遮るより、昔は藤棚として考えられたパーゴラを、 
用途を変えた形で捉え、暑さ・日差し対策という方がある。 
 
雨を避けるものではない。
  

 

 
  2019. 2. 12. Tue
      10年前からの、木材調達ガイドライン。例。
  
JATAN(熱帯林行動ネットワーク)の講演に行って、持続可能な森林管理に近づく為にと題した、小冊子を2008年購入してきた。 
 
京都議定書などで、森林管理も含め、地球の温暖化が表面化しつつあるときだった。 
 
近年は、考えられない大水害やら、強力な台風、海水温上昇などで、もっと目にはいる顕著な環境破壊が顕在化。 
 
その時に、ある有名、住宅メーカー(このほか、楽器会社も)の木材調達ガイドラインを教えて頂いた。 
 
10年前だから、もっと進んでいるだろうけれど。 
 
ウッドデッキ屋として、将来の環境にも、配慮すべきだと言う思いと、国産材を如何にしようして、貧者の一灯だが、貢献できないか? 
 
綺麗ごと無しに、考えがまとまりつつある時期だった。
  


<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++