++現場日誌++

2018. 9. 22. Sat 塗りがあるのに、雨が降り続く。
2018. 9. 20. Thu お客さんの店で。
2018. 9. 21. Fri ここの所、地面に近いデッキのあり方。
2018. 9. 19. Wed 比較的近距離圏内工事。
2017年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

 

 
  2018. 9. 22. Sat
      塗りがあるのに、雨が降り続く。
  
偏食的天候続く。 
暑いなら暑いばっか、台風なら台風ばっか?雨なら雨ばっか。 
 
そういうふうに、概括すると思えてくる。 
 
今回現場は、塗装あり。最初の塗りは会社でやってあるが、仕上げは現場でやる事になる。 
 
木材の塗料の吸収は、少ない。本来塗装というものは、染み込みにくいのだ。 
 
木材保護塗料が、効き目が薄いのも同じ原因だ。 
 
  

 

 
  2018. 9. 20. Thu
      お客さんの店で。
  
茅ヶ崎市の赤羽根の95に、登夢道(とむどう)というラーメン屋があり、 
ここが、お客さんとデッキ屋という関係で、長い年月がたった。 
 
自宅をやらせてもらって、今度はお店。 
 
工事に行った、U君、シンゴ、山ちゃんが”すごく、うまい!”というので、行ってみた。 
 
”こんちわ。”と入って、自動券売機で買って、ちょっと話して、出来たてを。 
 
これがうまかった。 
 
中盛りをスープまで喰いきったら、”完食ですね。”という。 
 
また、行く予定。
  

 

 
  2018. 9. 21. Fri
      ここの所、地面に近いデッキのあり方。
  
ウッドデッキの魅力を、今ここで語らないが、 
何千と作ってきて、その都度、同時に体験してるわけだが。 
 
魅力を持続させる為ということで、耐久性にが言及される。 
 
水分蒸発に近い所は、通風が悪いと、もちろん高耐久処理木材のほかにも、施工方法も、メンテ方法も 
関与してくる。 
 
施工技術にも、高耐久化の仕組みの工夫が入っているわけだが、どこまでの貢献度かわからぬが、効いている。
  

 

 
  2018. 9. 19. Wed
      比較的近距離圏内工事。
  
先を見据えて、日程の変更をどう吸収するか? 
日曜日に一挙に、切り替えた。 
 
在庫を増やして、対応しやすくしているが。入る現場の日程が狂いがちだ。 
 
休みのうちに、社員に連絡して日程調節。 
 
予定を狂わすことは、殆どうちの場合ない。
  


<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++